駅清掃スタッフの苦労とやりがい

東京は公共交通機関が非常に発達しています。その都心の中でも鉄道の利用者が多く、交通の拠点となっているのが池袋です。大都市東京のターミナルとしての役割を持つ地域であるだけに、駅での仕事もやりがいがあります。
駅でのバイトには、清掃作業などがあります。大勢の人が利用する駅でよくあるのは、タバコなどのポイ捨ての問題です。プラットホームなどには、日々多くのゴミが散乱します。これらを片付けて美しい状態に常に保つ事が、バイトの清掃スタッフの役割です。
人が行き交う駅構内での清掃作業であるだけに、いかにその間のを縫ってゴミを片付けるかが重要なポイントになります。清掃業務の熟練者ともなると、小さなゴミも逃さずに綺麗に清掃することができます。またゴミの中には、ガムのようなやっかいなものも存在します。捨てられたガムの処理は、特に時間を要するものです。プラットホームなどでガムがこびりついてしまうと、せっかくの美観を損ねてしまいます。ガムが地面に付着すると簡単には取ることができないため、清掃業務では専用の道具を使って取り除く事が一般的です。人通りが多い中、どれだけ時間をかけず効率的にキレイにするかが重要な鍵になってきます。

このように、大勢の利用者がいる池袋の駅であるだけに、タバコやガムといった捨てられるゴミの清掃業務はより大変な作業になってきます。しかし、清掃を通して多種多様な人間観察ができるのは、駅のバイトならではの面白さだといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です